細胞治療(セル・セラピー)が米国で注目されてきた

IMG_0595

科学雑誌「ニュートン1月号」に紹介されたことによって、『フュージョン細胞治療』が、他のがん免疫療法の欠点を克服したものであることをに気が付いて関心を持たれる方が増えていらっしゃるようです。

がん細胞治療は、それ単独で行われるべきものということでは無く、『手術』との組合せで早期から治療計画に加えることが理想だそうです。ところが、これに立ちはだかっているのが、抗がん剤治療を推進する先生方ということになっています。アメリカでは、細胞治療が、化学療法に代わる安全で人にやさしい治療方法であるとの認識が日本より広まってきていることが分かってきました。

 

閲覧数 (1589)