転移する癌を追いかけて治療出来るフュージョン細胞治療

癌転移」というのは、非常に辛い事実です。転移があるということは、どこに癌細胞が広がっているか分からないということにされて、手術以外の治療法を選ぶという病院も多いそうです。放射線が当てられるところであれば放射線治療に、そうでなければ抗がん剤治療といことになるのでしょうが、そもそも転移があるということは、それだけ深刻だということになる訳です。

その転移のメカニズムをイラスト化したものがこちらです。がん転移は細胞レベルの世界で起こる事象です。癌細胞が血管の壁をすり抜けて移動し、また血管の壁をすり抜けて転移先を見つけるということだそうです。

このように、癌のメカニズムを知れば知るほど細胞レベルで考えることの合理性が分かります。ですから自分の細胞免疫システムに癌細胞を殺させようとするがん免疫療法の方向性は誠に理にかなったものなのです。その中でも、がん融合細胞ワクチンを利用したフュージョン細胞治療が優位であることは、このサイトの他のページで何度もご説明してきている通りです。

閲覧数 (2323)