新旧『がん免疫治療』それぞれの利点と問題点

「がん免疫治療」の内容を詳しく解説したものはなかなか見当たりません。インターネットで調べても、どれも最先端のようなことが書いてありますが、これは本当ではありません。新旧「がん免疫細胞治療法」について、勉強しましょう。

各世代の『がん免疫細胞療法』の利点と問題点

がん治療には三大治療法といい、化学治療法(抗がん剤治療)、放射線照射治療法、外科的手術があります。これらの治療法はがんを初期に発見された場合は非 常に有効な手段です。しかし、がんに転移がすでに起こっている場合、放射線照射治療法や外科的治療法では、がんの治癒は不可能です。そこで、転移がんのよ うな悪性がんの治療は化学治療法を用いることになります。もとより化学治療法はそれなりに効果のある治療法ですが、残念なことに通常副作用が強く、患者さ んへの負担が大きいのです。また、化学治療中に、薬剤に感受性のがん細胞は総て死滅しても、その中の生き残りのがん細胞は使用中の、有効であった抗がん剤 に抵抗性がある事がよく見られます。その為、抗がん剤の効果がよく現れないことがあります。

悪性がん治療に対し、これらの欠点、すなわち副作用の軽減、治療効果の増強と持続性の維持を求めて開発されたのが、この最先端のがん免疫細胞治療法で す。この治療法では治療中に副作用はまったく見られず、この療法を継続する事により、長期間に亘りがん治療効果を維持することができます。

現在、人類が有する最高、最良の方法でがん制圧をはかる為には、このがん免疫治療法を中心に上記、三大がん治療法を適時併用した治療方針の策定を支援し、最良の結果が得られるよう事業を推進して参ります。

第1世代=免疫賦活剤=利点(有害事象なし)=問題点(治験結果:有効性ネガティブ)

第2世代=サイトカイン療法=利点(一部有効性あり)=問題点(適応疾患が少なく、作用量と有害量との幅が少ない)

第3世代=活性化リンパ球療法・LAK球療法=利点(一部有効性あり)=問題点(有効性が限定的:治験なし)

第3世代=活性化リンパ球療法・NK細胞療法=利点(MHC拘束性なし)=問題点(極めて限定的:治験なし)

第4世代=がんワクチン療法・予防ワクチン=利点(子宮頸癌の予防として有効)=問題点(ウイルス感染の予防)

第4世代=がんワクチン療法・ペプチドワクチン=利点・問題点(治験実施中)

第4世代=がんワクチン療法・樹状細胞ワクチン=利点(CTL誘導の可能性少ない)=問題点(実証データ開示:なし)

第5世代=フュージョン細胞治療=利点(安全性は証明済み、悪性脳腫瘍でも有効、乳がん・腎がん・メラノーマで有効)=問題点

がん免疫療法の見分け方

注記:

※1 サイトカイン : 細胞が分泌する細胞間情報伝達物質。

※2 LAK細胞 【lymphokine-activated killer cells】 : 腫瘍患者のリンパ球を試験管内で刺激して増殖してきた細胞の集団。
※3 NK 細胞 【natural killer cells】 : 大型の顆粒性リンパ球でT細胞、B細胞の表面マーカーは無い。 抗原特異性はなく、ADCC抗体特異的な抗腫瘍効果があると考えられている。
※4 MHC 【major histocompatibility complex】 : 主要組織適合遺伝子複合体。免疫系はこの分子を介して、自己、非自己を識別している。
※5 MHC拘束性 : Tリンパ球が自己のMHCクラス I 、MHC クラスII上の抗原分子にのみ反応すること。

 

閲覧数 (10378)