フュージョン細胞治療は、あなたの免疫力がまだ十分ある段階で始めて欲しい

よく体の中の「免疫細胞」という言葉を聞きますよね。でもこれは一種類ではないんです。
Stem_Cell_family

その中で、病気になった細胞を殺してくれる機能をもったのが障害性T細胞なる免疫細胞です。この障害性T細胞に、あなたの体の中の「がん細胞」を見つける方法を教える手法として、医学研究者がいろいろなペプチドがんワクチンなるものを開発していると理解して間違いありません。しかし、「フュージョン細胞治療」に勝る手法は発見されていません。その詳細は、こちらのホームページの他の情報や、大野典也先生著「DNA医学の最先端」(講談社現代新書)に書かれていますので、そちらをご参照ください。

あなたのがん細胞と樹状細胞(末梢血から取れます)を材料にした「融合細胞」ワクチンが出来れば、あなたの障害性T細胞にあなたのがん細胞の情報を正確に伝えることが出来るので、本来であればあなた自身の細胞でがん細胞を殺すことが出来るはずなのです。

しかし問題は、この「融合細胞」ワクチンによる治療を開始する時期にあります。そもそも、がん自体が進行してくると、あなたの免疫系を抑制する物質を出しますので、免疫力が落ちてきます。もちろん、手術をすれば体力を消耗しますので、免疫力は下がります。更に、抗がん剤治療(化学療法)も、放射線治療も、共にあなたの免疫力を抑制してしまうので、あなた自身の力で病気を治そうとする人間が本来持つ力が失われていきます。

ですから、是非、あなた自身の免疫力がまだ十分にある段階でフュージョン細胞治療も始めて頂きたいというのが、今の大野典也先生の切実な想いです。

医師から「がんの疑い」あるいは「がん告知」を受けたら、気が動転してしまうのは誰でも同じだと言います。しかし、この段階でどの病院に行かれても、最初からいわゆる免疫療法をメニューに入れて考える大病院は、今の段階ではまず皆無です。

閲覧数 (2344)