フュージョン細胞治療は、大野典也先生が積み上げた臨床研究をベースとしています。

 前臨床試験論文

 臨床試験論文

 臨床試験論文

 日本語

 日本語

 日本語

現在は、米国でHarvard大学医学部のアビガン教授が主導で研究が進んでいます。

 アビガン教授論文
 
 アビガン教授論文

こちらは、多発性骨髄腫の治療を対象とした、現在進行形の全米複数拠点型第二相治験の情報です。

閲覧数 (0)